介護職って高齢者でも採用される?高齢者でもできる?

介護の仕事は体力が必要で、年齢を重ねると働くのは難しい業界なのではないかと思いがちです。

でも、高齢になっても介護の世界で働いている方はたくさんいますし、最近は高齢者を採用してる介護現場も増えています。

また、高齢者だからこその活躍をしてくれている方も介護の現場にはたくさんいらっしゃいます。

今回は介護施設で働く高齢者、そしてそんな介護の現場で働く高齢者は実際にいくらくらいの収入があるか?についてご紹介します。

介護職は高齢者でもできる?介護の仕事のニーズとは?

介護の業界は慢性的な人材不足の問題を抱えています。

ご存じのように海外からも介護士を受け入れているほどです。

そんな介護業界では、定年を迎えた後のシニア世代の働きたい方々に働いてもらおうという職場も今やどんどん増えています。

介護の現場においては「高齢だから雇わない」というケースはどんどん少なくなってきています。

また、シルバー人材センターを通じて高齢のワーカーさんを雇用している介護の現場もあります。

高齢者でもできる介護職の種類や資格はたくさんある

介護の仕事では、排泄介助や入浴介助、掃除や洗濯、買い物など身の回りのお世話のさまざまなことをおこないます。

高齢者ができる介護の仕事の種類

働く場所もさまざまで、高齢者が施設に通ってきて日中だけすごすデイサービスや、数日間泊まるショートステイ。
高齢者が施設内で生活するグループホームや老人ホーム。
また、自宅で生活する方のサポートをおこなうホームヘルパーという仕事もあります。

高齢の方が仕事をする際には、パートやアルバイトといった形態が多いです。

仕事内容も区別されていることも多々あります。

たとえば、デイサービスでの業務で言えば、送迎の運転手のみの業務が挙げられます。

お年寄りさんを介助して送迎車の乗降の手助けをおこなうのは同乗の介護職員が職員です。

シニア世代のワーカーさんは安全に運転し目的地へ向かうことだけに集中します。

老人ホームでは、お年寄りさんを直接介護すること以外にもさまざまな業務があります。

それは居室の掃除や洗濯などです。

シニア世代のワーカーさんが、お年寄りさんとコミュニケーションをとりながら身の回りのケアに加わってくれています。

比較的、体への負担が大きくない仕事を任されていることが多いようです。

年齢は関係なく取得できる介護関連の資格

介護を行うために必ず必要な資格はありません。

行う業務は限られますが、無資格者でも介護職員として働くことができます。

ただし、取得していると喜ばれる資格はあります。

・介護職員初任者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
などです。

また、以前にホームヘルパーの資格を取ったことがあるという方も重宝されます。
(ホームヘルパー資格は現在介護職員初任者研修という資格になっていますが、すでに取得している場合は有効です。)

これに加え普通自動車免許などもあると仕事によっては採用されやすくなります。

介護の仕事の給料相場とは?

介護の仕事に就くのであれば気になるのがその給料の相場です。

働く都道府県や、施設の種類、資格の有無などによって給料は異なります。

年収の平均が250万円程度の地域もあれば、430万円程度の地域もあります。
全国的な平均の値は以下の通りです。

夜勤の業務もある正職員の場合

介護福祉士の平均月収は20万円程度です。

それに加え、介護福祉士であれば資格手当が月に5,000~10,000円。

夜勤手当が1回につき5,000~8,000円。

夜勤は月に4、5回あります。
これらの月収とボーナスを合わせると、310万円程度の年収になります。

ホームヘルパーとして働くアルバイト職員の場合

ホームヘルパーとしてアルバイトで働く場合の時給は1,000~1,700円程度です。

業務の内容が生活援助であるのか身体介護も含まれるのかによって、時給が異なる場合があります。

一般的に、より専門的な知識や技術が求められる身体介護をおこなう方が時給は高く設定されています。

介護職で働く65歳以上の元気な高齢者!

さまざまな仕事がある介護職の現場で、私が実際に一緒に仕事をしてきた元気なシルバー世代の方々の仕事についてご紹介しましょう。

ホームヘルパーとして働く72歳貴代さん

貴代さんは長年ホームヘルパーとして働いてきた方です。

介護が必要なお年寄りの自宅へ伺いケアを行なっています。

1日に2~3時間程度、週に2日程度働いています。

貴代さんが行うケアは以下のような内容です。

・ポータブルトイレや居室の掃除
・食事の調理
・洗濯

以前は、おむつ交換や入浴介助等の仕事も行っていましたが体力的に難しいとのことで、現在では生活援助と呼ばれる内容のみ行っています。

お年寄りさんのなかには貴代さんが自宅に来てくれることを心待ちにしている方も多く、楽しくコミュニケーションを取りながら、援助の時間を過ごされています。

また、お年寄りが多く若者が少ない地域でもあるため、介護に関わる働き手として非常に重宝がられています。

シルバー人材センター登録の83歳美智子さん

美智子さんはシルバー人材センターから紹介された施設で働いています。
シルバー人材センターとは、65歳以上の働きたい方が、生きがいを得るとともに、地域社会の活性化に貢献する組織です。

シルバー人材センターの仕事内容は多岐にわたります。
草刈りや大工仕事、あて名書きや子育て支援などです。

その中の一つとして介護の仕事があります。

施設側がシルバー人材センターに対して、介護の仕事をしてくれる方を依頼し、それに応じる形で美智子さんが施設に派遣されています。

シルバー人材センターは高齢者が登録していることから、重労働は行わないことになっています。
美智子さんは1日4時間、週3回施設に出勤して、介護職員の補助をすることが仕事です。

美智子さんの施設での仕事内容は、
・入浴時に出た衣類やタオルの洗濯
・食事介助
・居室の清掃
などです。

美智子さんはホームヘルパー2級の資格をもっています。

また、介護関係の施設での仕事に長年従事してきました。

なにより、美智子さんは施設に入居しているお年寄りさんと年齢的に同世代かとても近い世代の方です。

元気に働く美智子さんの姿を見て、お年寄りさんたちは活力を得ています。

そして、思い出話などをするさいにも美智子さんの存在が、若い職員とお年寄りさんとの懸け橋のような存在になってくれています。

シルバー人材センターからの派遣として働く美智子さんの給料

シルバー人材センターから派遣されている形で働いていた美千代さんの給料は、シルバー人材センターから配分金という名称で支払われています。

分配金は、業務内容によって決められています。

美智子さんの場合、分配金は1時間に900円程度です。

シルバー人材センターの場合、労働ではないので労働基準法の適用がなく、最低時給を下回ることも少なくありません。

ホームヘルパーとして働く72歳貴代さん

貴代さんは長年ホームヘルパーとして働いてきた方です。

介護が必要なお年寄りの自宅へ伺いケアを行なっています。

1日に2~3時間程度、週に2日程度働いています。

貴代さんが行うケアは以下のような内容です。

・ポータブルトイレや居室の掃除
・食事の調理
・洗濯

以前は、おむつ交換や入浴介助等の仕事も行っていましたが体力的に難しいとのことで、現在では生活援助と呼ばれる内容のみ行っています。

お年寄りさんのなかには貴代さんが自宅に来てくれることを心待ちにしている方も多く、楽しくコミュニケーションを取りながら、援助の時間を過ごされています。

また、お年寄りが多く若者が少ない地域でもあるため、介護に関わる働き手として非常に重宝がられています。

ホームヘルパーのアルバイトとして働く貴代さんの給料

貴代さんは、アルバイトで生活援助の業務内容を中心としたホームヘルパーとして雇用されていました。

その事業所では生活援助で働く場合と身体介護で働く場合の時給は異なる金額設定がありました。

生活援助で働いた場合は1,300円、身体介護で働いた場合は1,700円です。

それに加え、個人の自動車でサービスをおこなっていたので移動距離に応じたガソリン代が支給されていました。

夜勤補助で2日に1回出勤してくれる69歳清志さん

清志さんは宿直業務をおこなってくれています。

宿直業務の流れは、

・23時に出勤
・夜勤の職員からその日の入居者の様子を聞く
・施設内の見回りなどをおこなう
・0時~3時 休憩
・3時 休憩を終え、3時30分~4時30分まで仮眠に入る介護スタッフと交代し見守りをおこなう
・4時30分~6時 休憩
・6時 施設周りの軽い清掃やゴミ出し、起床される入居者への声かけ、朝食の提供
・7時30分 業務終了
というものです。

この施設の宿直業務は基本的に身体介護は行いません。

このため、介護スタッフが仮眠中に介護が必要な状況になったら、介護スタッフに声をかけ引継ぎを行います。

また、ポータブルトイレの汚物の処理や居室内で異変がないかどうかなどを確認してくれています。

夜間、お年寄りさんが寝ている時間帯での業務のため、お年寄りさんと関わりをもつ時間は少ない仕事です。

この時間帯は、介護スタッフが一人で30人程度のお年寄りさんの対応をすることになっています。

寝ているとはいえ、おむつ交換をおこなったり、記録を記入したりと行う業務はたくさんあります。

そこへ、眠れないなどの理由で居室から出てくる方もいます。

清志さんはそんな方と少し話をして、再び居室に戻っていただくなどの補助をしてくれます。

また、朝の時間帯にはご自分で身支度ができる方に声をかけ食堂への移動を手伝ってくれます。

朝出勤してくる介護スタッフがケアに加わってくれるまでの間、清志さんが夜勤者の強い味方になってくれます。

介護付き有料老人ホームの宿直として働く清志さんの給料

介護付き有料老人ホームで宿直として働く清志さんの給料は、宿直1回につき5,000円です。

2人で交代制で宿直当番をおこなっていたので、月15回勤務で月75,000円ほどの収入です。

介護の仕事は大変だけれどもやりがいもある

介護の仕事は大変だといわれがちです。

確かに、ご自身であまり体を動かすことのできないお年寄りさんをベッドから車いすへ移っていただく際に、腰を痛めてしまうことがあります。

また、夜勤をおこなうことで自律神経のバランスを崩してしまう人もいます。
でも、大変さばかりではありません。

お年寄りさんと関わりを持つ中で、やりがいを感じながら仕事に取り組むことができます。

お年寄りさんやその家族から「ありがとう」と直接伝えてもらうことができますよ。

最近は、高齢の方や体調に不安を抱える方でも仕事ができるように、重労働はしない業務内容に限定して働くことができるポジションを用意している現場もあります。

まとめ

年齢を重ねてもなお、地域社会での貢献・自分のやりがいを目的に働きたいと希望することがあります。
そんな時、シニア世代のワーカーを求めている介護の現場で働くのも選択肢のうちのひとつです。

特に、人とコミュニケーションをとることが好きな方に介護のお仕事はおすすめです。

施設を利用するお年寄りさんや、施設で働く若い介護スタッフさんに囲まれ、楽しみながら行う仕事を生きがいにしてみてはいかがでしょうか?

最初のコメントをしよう

必須

CAPTCHA